The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
メイヤメイヤガイド その1
2007-05-18 Fri 12:48
シャルムの海でガイドをしているとよく船のクルー、キャプテンのこんな言葉を耳にします。「エンタ、メイヤメイヤ」とか「エンタ クワイエス」。ガイドに向けられている場合、たいていは、お前はよく働くとか、いいやつだといった意味合いになるのですが、まれに「こっちの言うなりになる都合のいいやつ、楽して働きやすいやつ。」という意味の時があります。

ダイビングガイドは、決められたエリアでその日の最良のポイントをキャプテンと一緒に選んでいきます。基準は色々、ありますが、安全性を最優先してポイントを選びます。ここでよくある話は天候が悪いからそこへは行かないとか、船の調子が悪いから行けないと言って、キャプテンが行くのを拒むケースで、そこでエンタメイヤメイヤのガイドは、どこでもいいよ。となってしまって、船でのポイント決定権を半ば、失ってしまいます。これには、私も随分悩まされました。ほんと、船長の気分次第なんですよ。船長の言葉が本当か嘘か、状況をよく見ればわかるのですが、絶対に大丈夫なのに無理!と言われた時は、「なんで?」となります。「他の船行ってるじゃん!」「でもこの船はだめ!」 「前、行ったじゃん!」「でも、今日はだめ!」で、他のガイドを通して頼んでみると大丈夫だったりして、海の上で、船長のご機嫌を取りながら、上手に駆け引きしていかないといけないところが、シャルムのガイドの大変なところです。
あまりに言うなりになってしまうと、都合良く使われてしまうメイヤメイヤガイドになってしまうので、妥協しながらも要求をしていきます。
例えば、「昨日はイージーデーだったから、今日の一本目はちょっとハードだけど、ここにお願いね。」と言うと、意外にあっさりok出たりします。逆に「1本目頑張ってくれたから、2本目はこの辺で、船を休ませて、」なんて提案したら、3本目は船が空飛んじゃいますよ、ほんとに。なんでもしてくれます。

「じゃあ、カズ、お前はどうなんだ。」というと、きっと彼らにとって、ごちゃごちゃ細かい事、言ってくるこうるさいガイドに思われていると思います。ですが、それも全て紅海にきてくださったダイバーのためにしていること。これからも上手にコントロールして、されて(?)いくつもりです。

スポンサーサイト
別窓 | ダイビング | コメント:0 | トラックバック:0
<<メイヤメイヤガイド その2 | シャルム日記 | ロシア人ダイバーに学ぶ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| シャルム日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。